日本和装 帯セミナー   

2007年 10月 18日

毎週木曜日の恒例行事 日本和装着付け教室

第五回の今日は「帯を見る目をやしなう」ということで
京都の「河瀬満織物」(みつる帯)さんのセミナーでした

このブログに以前、注意事項で買わされるとコメントに残されたこともあって
もしや・・・と 内心(*^o^*)ドキドキ(*゜O゜*)バクバクでした


西陣の話にはじまり 帯のあれこれ
(名古屋帯は 名古屋の織物ではなく 名古屋の人が改良したとか)
確かに めったに聞けない内容だから 聞けてよかったかも


一言よけいな うるさいY田さん69歳は 今回も先生の隣の席だったから
先生が 何か言うたびに 色々と ちゃちゃいれて 話の腰がおれて すすまなかった・・・
本当に 場の空気が読めない人だ・・・
この人も 自己紹介で「小唄をならっていて 老人ホームに行くときに着物で行きたい」と
話していた


この日はいつもの13時から15時までと違って
10時からなのに 午前の講義は12時半になってしまう 
お昼ごはんは 二段重ねのお弁当が出る
これが なんともかわいらしい盛り付けで しかも おいしい
オオーw(*゜o゜*)w
でも 私たち受講生は お弁当代で1500円も払っているのだから 当然かな
ランチで1500円だったら かなり高いもんね


心配していた帯の購入も しつこい勧誘はまったく無く
自分で 欲しいものがあった三人が 自発的に買っていただけだった
お金持ちの69歳のY田さんが 帯二本と 小紋一枚
こういう 消費税をたくさん払ってくれる人がいるのは ありがたいことです (ノ゚ω゚)ノ
[PR]

by pahi | 2007-10-18 19:57 | お勉強

<< ひな野で 食べ放題(。・_・。)ノ 試写会 ALWAYS 続・三丁... >>